MIX師さんに依頼する前に

MIX師さんに依頼する前に

 

はじめに

 

まず、MIX師さんが提示する条件を確認しましょう。

( 44.1kHz 16bit , wavなど… )

 

何かわからなくても隅々までよく読んでおきましょう。

 

  確認後このページを参考にして、

自分の音源がMIX師さんの希望に添えているかチェックしましょう!

 

  それでは、本題に入っていきます。

 

頭出し って何?

 

「頭出しをしてください。」

「頭出しされていません。」

 

MIXを依頼したことのある方なら一回は聞いたことがあるはずです。

 

簡単に説明しますと、

カラオケ音源とVo.音源のタイミングをあわせること です。

 

 

「え?当り前じゃない?」

 

そうなんです。当たり前なんです。

 

これが意外とややこしかったりするので、

ダメな例と良い例比較して動画を作ってみました。

    ↓↓↓

 

 

お分かりいただけましたか?

 

頭出しをしていない音源は、

依頼するにあたってとても失礼なことです。

 

最低限のマナーとして知っておきましょう。

 

(ただし、スマホ録音の場合できないこともあるのでご了承ください)

 

サンプリングレート、bit数

 

前述しましたが、

「形式は 44.1kHz 16bit 以上で」

みたいなことをMIX師さんなどに言われることがあります。

 

「えっと・・・????」

 

そうですね。わかんないです。

 

普通に生活していて聴くことのない言葉ですねw

 

 簡単に説明しますと、大きい数字ほど音がいいってことです。 

44.1 kHz よりも 48 kHz のほうが音がいいです。

16 bit よりも 24 bit のほうが音がいいです。 

 

歌ってみたでは基本的に「44.1 kHz , 16 bit 以上」で取り扱われています。48 kHz , 24 bit でも大丈夫だと思います。 なるべく良い音質で! 

 

WAV,MP3 って何?

 

WAVファイル

 

wav(ウェーブ、ウェブ)ファイルといいます。

私はそのまま、「ワブ」って読んでます。

 

一番音の良い音声ファイルになります。

そのままの音。非圧縮の形式ファイルです。

 

難しいことはいくらでも言えますが、要は

「めっちゃ音がいい」

ってことです。

 

MP3 ファイル

 

MP3(エムピースリー)ファイルといいます。

一番なじみ深い形式ですね。

 

wavファイルよりも音は悪いです。

いわゆる音の解像度の差があります。

 

テレビで例えると、

wavが2KでMP3がHDってとこですかね。

 

他にも「acc」「m4a」などのファイルもあります。

iTunes でCDをそのまま取り込むと、

このファイルになりますね。

 

音はよくないです。

 

音楽大好きマンでiTunesなどで、カスタムインポートを知らない方もいらっしゃいますが結構損してますよ!

 

 

 

 

クリッピング(音割れ)に注意する

 

 

音割れダメ絶対

 

波形の頭が許容範囲の枠を超えてますね。

これがクリッピング(音割れ)です。

 

「歪んでいる」などの表現もされます。

 

こればかりはMIXでどうすることもできません。

 

存在しない音を作り出すことはMIXでも不可能だからです。

 

【改善法】

高、低音含め自分の最大の声を一度録音し、

それが割れない程度に音量を調節しましょう。

 

録音途中にインターフェイスなどの音量を変えると

音質が変化してしまうので、

一定の音量レベルで録音するようにしましょう。

 

モノラル・ステレオ とは

 

一般的に、Vo.音源はモノラルです。

 

よく聞く「2mix」という言葉は、

左と右 の「L」「R」の音が存在する。

つまり、ステレオ音源のことです。

 

歌って…普通一つの音しか録音しませんよね…

二人同時録音ならわかる気もしますけど…

 

「え!でもハモリとかって左右から聞こえたりしない!?」

 

それは、MIXする人の仕事です。

 

モノラルで書き出しましょう。

 

Studio One でのモノラルの書き出し方は

 

  1. 上のタブの「ソング」を選択
  2. 「ステムをエクスポート」をクリック
  3. 左側:カラオケ音源のチェックを外す
  4. 左側:ボーカルトラックが選択されていることを確認する
  5. 真ん中:書き出すファイル、名前、フォーマットを確認する
  6. 右側:「モノトラックを維持」にチェックを入れる
  7. 「OK」を押して完了

   

※エフェクト関連はすべて切ってください ※「クリップが生じました」と出た場合は、トラックの音量を少し下げてください。

 

まとめ

 

長々とお疲れ様です。

この記事で理解を深めていただけたら嬉しいです。

 

この記事を参考に、

MIX依頼をするとスムーズに事が運べると思います。

 

その他わからないことがあれば、

コメントを残していってください。

 

追記や、別記事にて解説などを行いたいと思います。

 

ちなみに私のMIX依頼概要は こちら

 

良い歌い手ライフを!

 

 

お疲れ様です。

MIX依頼カテゴリの最新記事