お財布に小銭貯まりすぎじゃない?

お財布に小銭貯まりすぎじゃない?

 

 

所持金はいつも数十円です。みそ汗です。

 

 

お財布の中が小銭で重くなっているあなたに問います。

 

合計:2788円

 

いくらを出しますか?

 

キーとなる数字は、「0」と「5」です。

さぁお財布を軽くしましょう!

 

 

スポンサードサーチ

その前に

 

 

小銭には「1円玉」「5円玉」「10円玉」「50円玉」「100円玉」「500円玉」の六種類があります。

そのうえが「1000円札」になっているのには理由があって、上手に小銭を使えば小銭の値段は「999円」を上回らないのです。

だって「1円玉」が5枚になったら5円ですよね。
当たり前なんですが、「1円玉」がお財布の中に5枚以上ある方は少なくないと思います。

そのための計算方法を伝授。「小銭15枚以下」を目指しましょう。

 

 

計算方法

 

 

簡単です。引き算して「0」か「5」を目指します。

 

例えば、8円の場合10円を出してやめないことが大事です。
13円出しましょう。13-8=5 「1円玉」が3枚も消え去ります。

ちょっと難しいのは一番大きい位が「5」より大きい時です。

 

例えば、88円の場合100円出して終わりにしていませんか?
その場合小銭を減らすには、103円 143円 のどちらかがベターだと思います。8円がある場合は、108円で終了です。

 

「80円」を「50円」にしたいと考えるのに143円なのが難しいところです。

133円を出してしまうと、133-88=45 になってしまってせっかく出した「10円玉」がキャッシュバックされるという恥ずかしい事態に…

 

考え方としては、8円には13円を出しましたよね。
80円には130円を出すでしょう。足せばいいんです。

(130-80)+(13-8)入れ替えると、(130+13)-(80+8)

つまり、143-88=55 だいぶ小銭が減りますね。

 

次、788円だったらどうでしょう。

一の位から考えていきましょう。

8だから13円。80だから130円。700なら1200円。
13+130+1200=1343円

 

 

これ瞬間的に考えるの難しいですよね…

私はこう考えます。「5を切り捨ててから考えよう」

 

788円から「5」を取り払います。
各位から5を引くんです。

788-555=233

その後に、5を超えた位の1つ上に1を足します。
一の位が「6,7,8,9」のいずれかの数字なら、十の位に1を足します。

今回は全部の位が「5」を超えているので、千、百、十の位に1を足します。

 

233+1110=1343円 よって、1343円-788円 といった感じです。

 

これはもう理解と計算練習です。

 

 

スポンサードサーチ

計算練習

 

 

小銭を減らす計算をしてみましょう。

 

 

問題

① 46円

② 73円

③ 86円

 

 

 

答え

① 51円、96円、101円 等…

② 83円、103円、123円 等…

③ 91円、101円、141円 等…

 

 

 

問題

④ 128円

⑤ 362円

⑥ 618円

⑦ 777円

 

 

 

答え

④ 133円、158円、208円 等…

⑤ 412円、1012円、1020円 等…

⑥ 623円、1018円、1123円 等…

⑦ 807円、832円、1332円 等…

 

 

まとめ

 

 

難しいので、まずは一番うざったい1円玉から駆除していきましょう。

コンビニなどの少量の金額からゆっくりと練習していけば、小銭を撲滅することができます。
私はしょっちゅう空になります。お財布の中身が…。

 

めんどくさいって思う方は、スーパーなどの自動精算レジに小銭を全部突っ込んでください。
綺麗になって帰ってきますので。

ここまでの文章が無駄になりました。

 

 

2798円のお支払いになります。

さぁいくらで精算しますか?

 

 

お疲れ様です。

 

 

日常ブログカテゴリの最新記事