知らないなら今すぐ見るべき!おすすめアニメ! #1

知らないなら今すぐ見るべき!おすすめアニメ! #1

 

過去の名作を毎日見漁ってます。みそ汗です。

 

今回は、私がオススメするアニメと最近発見した良作アニメをご紹介したいと思います。
一度にはご紹介しきれないです!申し訳ないです!

 

 

 

スポンサードサーチ

けいおん!

 

 

私の人生です。映画の放映が終わったとほぼ同時期に見始めるという遅さですが、ドハマりしました。

多分皆様と同じだと思いますが、影響されてギターを購入するほどの熱中っぷりです。
「カゲロウデイズ」を弾きながら歌えるようになるまで1ヶ月ひたすら練習して、やめたのが思い出深いです。

 

 

一期は高校1,2年生のお話をワンクールだったのでかなりの猛スピードで展開されましたが、二期は三年生の卒業までを2クールで放送されていたのでゆったり見ることができます。

私は二期の方が好きでよく見ました。全て通して20回以上見ました。
サントラ聞くだけで場面が頭に浮かんできます。自分でも気持ち悪いですね。

 

dアニメストアで両方見られます。


 

私は二期のブルーレイボックスを持ってないので早く手に入れたいところです。
サントラも欲しいですねw

 

 

ちなみに劇場版もありますが、こちらは Prime Video で見られます。
dアニメストアで見れないのは少し残念です。

 

 

劇場版は文化祭後の卒業間近の時の話でした。
いつ見てもOPでなぜか涙が流れてきます。ぜひ見ていただきたい。

 

 

まぁ Prime Videodアニメストアで見たほうがお得なので、そちらをオススメします。

合計しても月額1,000円くらいですしね!

 

 

SHIROBAKO

 

 

クリエイターなら見るべき作品です。
とても心打たれるお言葉がごろごろ転がっております。

何かを作り上げる、はたまた創り上げる人間ならばほんとにオススメです。

 

 

作品内容としてはアニメを作る会社のお話です。
「鋼の錬金術師(初期)」「攻殻機動隊」「Angel Beats!」などを手掛けた、 P.A.WORKS という会社の半ば自虐的なオリジナル作品になっております。

漫画で言うところの「バクマン。」の様な、制作側の内面に迫るものになっています。
かなり明るめに前向きに描かれていますが、ほんとのところはもっと泥臭く大変なものだと思います…

 

アニメが大好きな私ですので、ほんとに制作会社の方々に頭が上がらないです。

 

【SHIROBAKO 名言】などで検索すると結構な名言が出てきます。
こちらも一回見るだけでは…!という感じですので何回も見ていただきたい。

 

こちらもdアニメストアで見れますね。すげえなおい。

 

 

 

スポンサードサーチ

四月は君の嘘

 

 

泣きましょう。みんなで一緒に泣きましょう。

私は四話に一回は泣きました。
元ピアニストの少年のお話です。

 

過去のトラウマや、高校生ならではの恋物語。
まさに青春の中の青春。

自ら経験するには心がへし折れるとは思いますが、良いもんですねぇ…

 

アニメは前情報はあまりなしで見ていただきたいので深くは言えませんが、トラウマを乗り越えることや人が頑張る理由、天才とはほんの少しのきっかけから生まれることもあること、好きな人に好きという大切さを実感します。

 

あまり時間を空けずに一気に閲覧していただきたいです。
バスタオルでも用意して水分補給をしっかりとしながら見ていただきたいです。

 

実写化もされてます

 

 

コードギアス 反逆のルルーシュ

 

 

はい、キタァ! 名作!

ロボットものなんですが、感覚的には人間関係とか心理戦とかが面白い作品です。
ガンダムみたいな感じとは少し違いますね。
言い方が少し悪いかもしれませんが、ロボットは添え物って感じです。

 

逆襲するんですよ。復讐ものです。
「等身が不自然だー!」とか「こんなことありえない-!」とかは時代だとかフィクションだとかが影響しているので、純粋に作品の内容を見てほしい。

ちょっとエッチなシーンがある感じも当時の私は大好物でした。
いやぁ、お恥ずかしい限りです…///

 

 

二期もあるので少し見るのは大変かもしれませんが、一期がすごい中途半端なところで終わるのですぐ続きが見たい欲がすごいくなるはずです。

主人公最強系が大好きな私ですから、こういった特異体質の主人公は大変そそられます。
しかもただの主人公最強アニメではない。
とにかく見ていただきたい。

 

ナナリーがかわいい。

かわいい。

 

 

スポンサードサーチ

まとめ

 

 

今回ご紹介したアニメは、僕の人生を作ってきたアニメの数々です。
まだまだあるので、それはまた次回。


 

では、よいアニメライフをお送りください。

 

 

お疲れ様です。

アニメカテゴリの最新記事