Studio One 録音の仕方

Studio One 録音の仕方

 

Audacity 使い方難しくないですか?

使い勝手悪かったりしませんですか?

録音でMIX師さんに注意されたことありませんか?

 

その問題解決できます。

 

そう Studio One なら

 

ダウンロードの仕方については

別の記事でご紹介しております。 ⇒ こちら

 

それでは、今回の本題である

録音の仕方などについてお話していきます。

 

Studio One の設定から録音

 

まずは、一通りまとめた動画をどうぞ

     ↓↓↓

 

 

録音の際に見直したりしながら頑張ってみてください。

 

画面は異なりますが、少しかいつまんで説明します。

 

Studio One 使い方手順など

 

  1. 「新規ソング」をクリックし、形式や名前を確認し「OK」
  2. インターフェイス設定を確認する
  3. mp3、wavファイルのカラオケ音源を挿入する
  4. 左上の「+」ボタンか左側の空白部分をクリックし、Vo.の録音用トラックを作成
  5. 録音状態を確認し、「*」もしくは下にある●ボタンで録音を開始
  6. 「スペース」で停止、または「*」ボタンで録音終了

 

書き出しについては、

以前の記事をの最後の方を参考にしてください。 ⇒ こちら

 

1.新規ソングを作成

 

 

 

ソングタイトルを決める。

 

サンプルレート、解像度を確認。

 

「OK」を押す

 

2.インターフェイス設定を確認する

 

  オーディオデバイスが自分のインターフェイスになっていることを確認。   一応windows audioに変え、エクスクルーシブモードのチェックを外す。
 
レイテンシーって?

 

レイテンシーとは、

音の遅延のことです。

 

レイテンシーが大きいと、歌っているときに

モニター、ヘッドホン等の音が遅れて聞こえ、

とても歌いにくいです。

 

口から出た音(アナログ)を、

インターフェイスを通してDAWに録音(デジタル化)することによって生じます。

 

レイテンシーを小さくすることは可能ですが、

「0」には上記の理由からデジタル化する時間が生じるためできません。

 

ブロックサイズ(ASIOサイズともいう)を小さくすると、

レイテンシーは抑えられますが、PCの負荷が高くなります。

逆に大きくすると、

PCの負荷は軽くなりますが、レイテンシーが大きくなります。

 

録音するときや、MIXするときなどで使い分けましょう。

 

3,4.オケ音源を挿入してVo.トラックを挿入

 

 

あとは、録音するだけです!

 

さぁ、Let’s 録音!

Enjoy 歌ってみた!

 

こちらの記事も併用してみていただきたいです ⇒ こちら

録音などの簡単な操作方法 ⇒ こちら    

お疲れ様です。

 

録音関連カテゴリの最新記事